加齢臭ってなんで起きるの?対策は?原因を知って予防することから考えましょう!

腸内環境の悪化

腸内環境にはさまざまな細菌が棲息しており、善玉菌といって体にとってはメリットがある細菌や悪玉菌といって体にとってはデメリットがある細菌、どちらでもない日和菌があり、それぞれの細菌がバランスを保つことによって腸内環境は正常化になっています。

腸内環境が悪化すると体にはさまざまな影響が現れてくるようになりますが、加齢臭の発現についても少なからず影響していると言われており、腸内環境を整えることが言い換えれば加齢臭予防にも繋がることになります。

腸内環境に悪玉菌が増えることによって体には活性酸素といって細胞を老化させる物質が多く分泌されるようになりますが、活性酸素の働きによって細胞が老化するとニオイとなって体外にでてくることがあります。

特に汗から老廃物として出てくる物質にも含まれることになるので、これが衣類などに付着することによって加齢臭を強化させることになりますが、しっかり腸内環境をケアしていれば加齢臭対策に繋げることができます。

腸内環境が悪化しないようにするためには生活習慣の改善をすることがポイントになってきますが、特に食生活は腸内環境との関わりが深い部分になっており、腸内にとっていかによい栄養分を供給することができるかが加齢臭対策のポイントです。

腸内環境の善玉菌を増やす方法としては乳酸菌などの摂取がおすすめになりますが、乳酸菌を効率的に摂取して腸内に増やすことによって腸内のバランスは正常化されるので加齢臭対策にも繋がります。

ストレスの増加

ストレス社会を生きている現代人にとってストレスがかかる環境は避けて通れない道でもあると思いますが、中にはストレスがかかり過ぎる日々を過ごすことによってストレスがかかっているかどうかということの感覚がマヒしてしまうケースもあります。

ストレスが蓄積されることによって起こる体の影響としては活性酸素が蓄積されることですが、活性酸素というのは体内の中で細胞に結びついて酸化を促すもので、活性酸素が増加することによって老化のスピードが促されることや細胞のガン化のリスクを高めることになります。

老化した細胞の一部は老廃物として体外へ排出されることになるのですが、これが体外に毛穴を通って出ることによって体臭として現れるケースもあります。

ストレスをできるだけ溜めないようにすることが加齢臭対策を考える上でのポイントにもなってくるのですが、ストレスそのものが溜まらないようにすることは難しいという人もいると思うので、気分転換をする時間を作るということもおすすめします。

特に運動をすることによる気分転換効果は高く、汗をかくことによって老廃物をどんどん体外に流すことができるので加齢臭対策としても有効になります。

また、同じ原理で温泉に行ってお湯につかることやサウナに入るというのも加齢臭対策としておすすめになりますが、サウナでも汗をたくさんかくことができるので老化した細胞の老廃物を排出して加齢臭のニオイの原因を取り除くことが可能になるのでおすすめで

食生活の乱れ

食生活は人が生命活動をする上で特に重要な部分になりますが、私たちの体の中にある数多くの細胞は食事によって得た栄養分によって作られており、食生活が乱れるということは結果として健康的な細胞を作り出すことが難しくなることにもなります。

現代人は不規則な食生活をしている人が多く、食生活が直接的な起因になって起こる病気を発症する人も少なくないと言われていますが、食生活の乱れを改善するためには毎日の献立を意識することが大切で、野菜や果物を多く食べる習慣をみにつけるようにしましょう。

ちなみに肉類や揚げ物をたくさん食べると体内の中には油がたくさんたまることになりますが、これが皮脂となって体外に分泌されることによって皮脂が酸化してしまうことがあります。

皮脂が酸化することによって加齢臭の原因になることもあるのですが、ニオイの原因となる皮脂の生成を抑制することを考えると脂質の少ない食事をすることが重要という結論になります。

また、食生活のバランスがなかなか調整することができないという場合は必要な栄養分をサプリで摂取するという方法もありますが、特に野菜や海草類、果物などに含まれている健康成分やしっかり取るようにしましょう。

加齢臭対策は日頃の行いによってしっかり改善することができるので、まずは加齢臭の原因をきちんと知るということが対策をする上で重要になります。

食事のバランスだけでなく適度に運動をするなど生活習慣そのものを見直すことも加齢臭対策として必要になります。

喫煙することによるもの

加齢臭対策をしている中年の男性や女性の人は多いと思いますが、自分なりにしっかりケアすることができているつもりでいても、他人からするとかなり強く臭っていることも多くあります。

どのような理由で加齢臭が発生しているのかという要因を知ることも加齢臭対策を考える上では重要になってきますが、タバコについても加齢臭の原因の一つと言われており、タバコを吸うことによって体内にニコチンや一酸化炭素などを増やすことになります。

これらの物質は血液の流れを悪くすることによって低血圧の症状などを引き起こすこともありますが、血液の流れが悪くなると代謝機能が低下して効率的に脂肪の燃焼がされなくなることによって老廃物なども蓄積することになります。

タバコを吸うことによって加齢臭が出てくると言われている理由にはいろいろありますが、理由の一つとして考えられるのは直接的にタバコのニオイが原因になるケースで、タバコそのものがかなりきつい臭いになっているので、これが体内に入って皮膚を通って外部に出ることもあります。

また、タバコを吸うことによって活性酸素という老化物質が体の中には多く蓄積されるようになりますが、老化物質の影響を受けることによって体臭が強化されるケースもあります。

この場合の加齢臭対策としてはタバコを止める他ありませんが、タバコは体臭だけでなくさまざまな病気を引き起こす原因となって美容面でもデメリットが多くなっているので辞めるに越したことはありません。

老化現象に伴うもの

20代頃までは元気で問題なくても30代を過ぎてくると体のいたるところに老化現象が現れるようになってきます。

老化現象が出てくる理由としてあるのは活性酸素が細胞を酸化させることによるもので、活性酸素は私たちが生命維持のために呼吸して体内に取り入れている酸素の一部が活性酸素として使用されていることから細胞の老化については仕方ない部分もあります。

老化現象が進んでくるとやがて代謝機能などが低下することになりますが、それに伴って老廃物などの排出が上手く進まなくなるようになり、皮脂腺を通って出ていく汗と一緒にかなり質の悪い老廃物や皮脂などが一緒に排出されるようになります。

これが直接的にニオイとなって現れることによって加齢臭になるのですが、老化現象そのものは避けては通れないので、アンチエイジングといって老化のスピードをできるだけ抑える取り組みをすることによって体臭ケアに繋げることができます。

加齢臭対策の基本になるのは体内からのケアになりますが、体内環境の中で特に関わりが深くなってくるのは食生活になります。

バランスの取れた食生活を送ることは加齢臭対策だけでなく健康を維持するためや美容の効果を得るために必要な条件になります。

また、老化は活性酸素との関わりが深いことから活性酸素の働きをできるだけ抑制するためにもストレスを溜めないようことや腸内環境を整えることを意識することでも改善の効果を得ることができる場合もあります。